Oculus Go購入拙速感想文

安い、早いで話題のOculus Goを購入したところ、思った以上の没入感に感動したので感想文を書きます

入手2日目の勢いで書いた感想文なので技術的な事は一切期待しないでください

結論

3万円以内でこの体験ができて私は買ってよかったと思っている

決め手は視野のかなりの範囲を奪う没入感

今までPS VRVRゴーグルを使っていたが、PS VRよりもOculus Goの没入感の方が上

しかし、あくまで没入という個人の感覚に属する物なので、人によってはそう感じないとか、Oculus Goを被っている事が気になって集中できない、没入感が得られない人も居るかもしれない


Oculus GoはVRのビュワーとして必要な機能を一通り備えているように思うが、入力がヘッドギアの3DoFと片手分のコントローラーだけなので入力装置としては弱い

購入する際はVRビュワーと割り切って使うことに成ると思われる


Oculus Goの良い点としてスタンダロンと言うのがあるが逆にこのため手持ちのBlu-rayを見ようとしたり、著作権保護されているOculus Go非対応のコンテンツを見ようとするとできなかったりかなり面倒なことに成ると思われる


言うまでもないが、視界をすべて奪われるのでながら作業が不可能になる

Oculus Goのなかでも基本的に1つのアプリしか起動できないので360度ディスプレイであるが、「正面にYoutube、右側にTwitter」みたいな使い方は出来ない

また、キィボード入力はVR内のヴァーチャルキィボードを使うことに成るので、各種サービスにログインする位であれば問題ないが、キィボードを使ってのチャットなどには向いていない

よって、既存のディスプレイでは不可能なVRコンテンツを体験するか、1つのコンテンツに集中して大画面で何かを視聴する作業に向いているデバイスである

そもそもなんでOculus Goを買おうと思ったのか

  1. Twitterなどで話題になっており、流行り物として興味を持った
  2. ストレージ32GB版が23,800円、64GB版が29,800円とVRヘッドセットしては安い
  3. セットアップにiPhone/Android Phoneは必要だが、スタンダロンで使える
  4. スタンダロンなのでPCのスペックや、空いているUSBポートやコンセントを気にする必要がない
  5. 安さなりの性能と言う事で不満の声が聞こえない
  6. カメラが付いていたら嬉しいとか、コントローラーがもっと高性能なら、トラッキングが6DoFなら ( Oculus Goは3DoF) という声も聞こえるが、値段相応と言う事でお買い得と言う声の方が圧倒的に多い

ちなみに6DoFと3DoFの違いはいらすとやさんのイラストでご確認ください

自分の購入からセットアップの流れ

購入ガイドではなく、あくまで私が購入した流れです

  1. 5月下旬あたりから上記の理由で欲しいなと思い出す
  2. 5/29 に Oculus Go | Oculus で購入を試みるが自分の持っているVISAカードでの支払いが通らない (私の場合、名義の表記に揺れがあり、不一致でVISAカードが使えないことがよくある)
  3. 5/30 7:00頃にPayPalアカウントを作り、併せてサイトからOculus Goを注文完了
  4. 5/30 21:30頃に出庫のメールを受領
  5. 6/1 に自宅で宅配の不在票を受領 (配送日指定ができなかったので平日日中帯に配送いただいたが受け取れなかった)
  6. 6/2 再配送で受領
  7. Zenfone5にOculusのアプロをダウンロードし、Facebookのアカウントでログイン
  8. Oculusのアプリに従ってOculus Goを自分のFacebookアカウントに結び付けたり、Wifiの情報を転送したりとか
  9. Oculus Goに眼鏡のスペーサーを取り付ける Oculus Go | Inserting the Glasses Spacer - YouTube
  10. Oculus Go被って使い始める

ちなみに、自分は購入していませんが、鼻があんまり大きくない平均的な顔立ちの日本人はついでにFitted Interfaceを買うのもいいかもしれません

使ってみて

  1. 今までPS VRVRゴーグルを使っていたが、PS VRよりもOculus Goの没入感の方が上
  2. ヘッドセットの角度をかなりしっかり調整しないと、視野の中心のピントが合っていても視野の端のピントがボケることがあるので最初にしっかり被るの大事 (この現象の問題の原因がOculus Goのレンズか、眼鏡か、私の眼その物かは分からないが)
  3. スタンダロンなのでケーブルが絡まったりしないのが嬉しい
  4. 一方、スタンダロンなのでOculusに転送したり取り込めない著作権保護付きのコンテンツは見られない
  5. Blu-ray見るならPS VR
  6. Oculus GoでNetflixを使って映像を見てみたが、視野に対するスクリーンの大きさでは劇場鑑賞並み
  7. ブラウザは天井を向いてセンターをリセットすれば天井にブラウザの画面が出るが、Netflixのスクリーンは横固定なので布団に寝てNetflix見ようとするとVR天井を眺めることになる
  8. 解像度の荒さなどはわかるもののそもそも私は目が悪いこともあって不満に思う程ではない
  9. スクリーンの大きさ基準で劇場並み、下手な劇場や席より良いとする人がいても納得する
  10. 音はOculus Goのステレオスピーカーの音で劇場の圧勝
  11. 3.5mmのミニピンイヤホンジャックも備えているので手持ちのヘッドフォン次第ではあるが被るだけのお手軽さが減るし、視界を完全に奪われた状態で装着するの手間
  12. YoutubeNiconicoはブラウザで見る事ができる (NiconicoVR用アプリもあるがGear VR用のインタフェースの様でOculus Goでも使えるが、微妙に不便)
  13. Huluはログインできるが著作権保護に阻まれて再生できない
  14. ブラウザはタブブラウザ?だが2画面同時は見られないのでながら作業は出来ない
  15. Oculus Go、首の方向の動きに対する画面の追従は違和感がない (3DoF)
  16. 方向の追従のみなので方向を固定して歩き回っても画面は動かない
  17. コードレスなので360度くるくる回ってもコードが体に絡まるということはない
  18. このため回転機能を備える椅子に座り、椅子の周りからぶつかる物をどけてOculus Goを被るとお手軽に360度向きを変えながらVR環境を楽しめる環境になるようだ
  19. 調子に乗ってくるくる回ると現実同様に酔う

こんな感じ